授業実践例 | わくわくシーラーニング −C-Learning 小中学校版−
教育委員会の了解済みの動画を掲載しています。
指導者
単元名
本時の展開(学習活動)
授業動画
ポイント

北浦 明人 先生

江戸川区立
篠崎第二小学校

ふりこの動き 7/10
「おもりを使い、おもりの重さを変えて振り子の動く様子を調べ、振り子の運動の規則性についての考えをもつことができるようにする」
オール視聴

○問題を確認する。
・おもりの重さを変えると、一往復する時間は変わるのだろうか。

○予想を立てる。
(協働版・アンケート機能の利用)

○振り子の重さを考えて実験する
(タブレットによる実験撮影)
・振り子の長さ 40cm
・ふれ幅 30°
・重さの種類 2つ

○入力結果から、班での話し合い(考察)を行う。
(結果を協働版に集約、考察に活用)

○各班の考察を全体で発表し、結論を出す。

【結論】実験結果から、振り子の重さを変えても一往復する時間は変わらなかった。よって、一往復する時間に振り子の重さは関係しない。

授業動画
授業動画
授業動画
授業動画

○協働版とアンケートを活用し、事前に児童に予想を立てさせています。

○タブレットのカメラ機能で実験の様子を記録しています。

○各班の実験結果を協働版に入力させ、結果の集計を素早く行っています。

○結果が瞬時に集計出来る為、考察、全体発表の時間が多くとられています。

指導者
単元名
本時の展開(学習活動)
授業動画
ポイント

井﨑 礼子 先生

武雄市立
御船が丘小学校

少数
小数のたし算の計算のしかたを考えよう。

○小数のたし算のしかたについて考える。

○本時の問題・めあてを確認する。

○見通しを確認する。

○求め方について話し合う。
(1)ペア学び【グループ協働学習】

○求め方について話し合う。
(2)全体学び【全体協働学習】

○本時のまとめをする。

○練習問題をする。
・0.8+0.2 と0.6-0.2の計算の仕方を説明する。
・タブレット端末を用いて練習問題を解く。

○発展問題をする。

○学習の振り返りをする。

授業動画
授業動画
授業動画
授業動画

○ペアで伝え合う活動を取り入れることで、自分の考えを確かにしたり相手に分りやすい説明の仕方を考えたりできるようにする。

○全体学びでは、書画カメラで児童のノートを撮影し、電子黒板に写しながら説明させる。

○練習問題で戸惑っている児童には、教材倉庫のヒントカードを参考にさせる。

○ドリルで発展問題をし、学習内容の定着をはかる。

○アンケートで学習の振り返りをさせ、次時へつなげる。

指導者
単元名
本時の展開(学習活動)
授業動画
ポイント

小林 貞幸 先生
原 容子 先生

武雄市立
山内東小学校

分数÷分数
1/9
「分数で割る割り算の意味や計算の仕方を考えよう」

○動画を見て、分数÷分数の立式をし、自分なりの方法でその式の答えを求めてくる。(家庭学習)

○考えてきた求め方を説明したり、友達の求め方を聞いたりして小集団学びをする。

○図で考えた求め方とわり算の性質で考えた求め方を説明し、共通点を見つけるなどの全体学びをする。

○適用問題を解きふり返りをする。

授業動画 Download
授業動画
授業動画
授業動画

○家庭学習の理解度チェックに小テストとアンケートが活用されています。

○家庭学習の回答結果が授業前にわかる為、すぐに小集団学びを始められています。

○授業が効率化し、学び合いの時間が多くとられています。

○ふり返りに小テストとアンケートが活用されています。
回答結果がすぐにわかり個別指導に役立てられています。

指導者
単元名
本時の展開(学習活動)
授業動画
ポイント

山崎 直彦 先生

武雄市立
武内小学校

インタビュー

一億をこえる数
4/9
「大きな数のしくみを考えよう」

○家庭での学習をふりかえり、2億5000万はどんな数かを考える。(家庭学習の確認)

○学習課題をつかむ。

○問題を知り、一人調べを行う。

○自分の考えを友だちに伝え合う。(友だちタイム)

○学習課題に対するまとめを行う。練習問題をする。

○数系列の問題を知り、一人調べを行う。練習問題をする。

○本時の学習をふりかえる。

授業動画 Download
授業動画
授業動画
授業動画

○家庭学習の理解度チェックに小テストとアンケートが活用されています。

○事前に家庭学習で予習をしている為、様々な考え方を学んでいます。

○ドリルを活用し、児童が回答している時間を利用して個別指導を行っています。

○ふり返りに小テストとアンケートが活用されています。
回答結果がすぐにわかり個別指導に役立てられています。

指導者
単元名
本時の展開(学習活動)
授業動画
ポイント

吉田 徹 先生

武雄市立
山内東小学校

授業の資料や写真

日本の国土の様子
「日本の気候にはどんな特ちょうがあるのか調べよう」

○めあてを知る。

○調べる内容を確認する。

○調べ学習で使うアプリC-Learning学校用「教材倉庫」
・教材倉庫から資料を壇ロードする。

○わかったことをノートに書く。
・自分が分かったことだけ書く。

○発表で学習で使うアプリC-Learning学校用「協働版」
・協働版のスレッドに短いことばで書きこむ。
・くわしく説明する。
・書きこんだことばを読むだけでなく少し詳しく説明する。

○学習のふりかえり

○C-Learning学校用「アンケート」
・アンケートに調べて分かったことや友達の発表を聞いて分かったことなどを書きこむ。

授業動画
授業動画
授業動画
授業動画

○事前の一人調べに協働版と教材倉庫が活用されています。

○先生は児童に短いコメントで書き込ませ、言葉で説明させるようにしています。
書き込みを短くさせることで沢山の児童に発表をさせています。

○先生は児童の発表をもとに電子黒板や地図を使って詳しく説明しています。

○ふり返りにアンケートが活用されています。
回答結果がすぐにわかり個別指導に役立てられています。

指導者
単元名
本時の展開(学習活動)
授業動画
ポイント

中島 進 先生

武雄市立
御船が丘小学校

日本の水産業はどうなっているの(新せんな魚を送る)
「海でとれた魚は、どのようにして私たちまで届くでしょうか」

○授業のめあて、キーワードを確認(C-ラーニング教材倉庫…漁業関係サイトの内容を効率よく閲覧させるため教材化したPDFを登録しておく)

○調べ活動(タブレット端末PDFの閲覧と協働板への書き込み。カメラ及びスクリーンショット機能を使って書き込みの根拠になる資料の画像保存に活用)

○全体まとめ(C-ラーニング協働板…グループごとに調べたことを掲載するために活用)

○電子黒板に協働板の書き込みを全体表示し、各グループが調べたことを「比較・まとめ・類推」する学習に活用

授業動画
授業動画
授業動画 Download
授業動画

○先生が教材倉庫を使って事前に児童に調べさせる教材資料を用意しています。

○児童は教材倉庫から先生が準備した資料を調べたり、資料の画像を使って、協働版に自分の意見の書き込みをしています。

○児童が協働版に書き込みした内容は、クラス全員が閲覧、コメントが出来る為、様々な意見が飛び交っています。

○協働版の書き込みや、教材倉庫の資料を使い、調べたことの「比較・まとめ・類推」をしています。

指導者
単元名
本時の展開(学習活動)
授業動画
ポイント

中島 進 先生

武雄市立
御船が丘小学校

第3回全体授業研究会様子

第3回全体授業研究会概要

いま、どんな自動車が求められているの(日本文教出版5年上)
自動車の生産8時間・・・本時8/8
「日本の自動車工業は外国とどのようにかかわっているのでしょうか?」

○学習のタイトルとめあてを確認する。

○テーマを分担して一人調べをおこない、協働板に調べたことを書き込む。

○めあてに対する考えをグループで話し合い、協働板に考えを書き込む。

○めあての確認をする。

○同じテーマの友達と話し合って考えを深める。(10分)

○テーマ別に話し合ったことを発表する。

○グループのめあてに対する考えを、テーマ別話し合いを参考にして再構築する。(5分)【協働学習】

○協働学習のまとめを聞く。

○学習のふり返りをおこなう。

授業動画
授業動画
授業動画
授業動画

○事前の一人調べに協働版と教材倉庫が活用されています。
児童が授業の進行をしています。
授業全体を通じて先生が発言した時間は約7分間です。

○10グループに分かれ、にこにこホール・パソコン室・図書室を自由に行き来し、協働板でテーマ別話し合いをしています。
まとめた考えや根拠となる資料はタブレットで送信し、電子黒板に各グループの考えが集まっていきます。

○各グループの考えを全体で発表し合い、協働版の再書き込み機能を使って、考えを再構築(パワーアップ)しています。

○ふり返りにアンケートが活用されています。
回答結果がすぐにわかり個別指導に役立てられています。
また復習用の資料をダウンロード・スクリーンショットしています。

指導者
単元名
本時の展開(学習活動)
授業動画
ポイント

森山 慧 先生
松崎 達也 先生

武雄市立
山内東小学校

電池のはたらき
3・4/9
「乾電池のつなぎ方」

○動画を見て、直列つなぎ、並列つなぎを知り、豆電球の明るさがどうなるか予想を立てる。(家庭学習)

○予想について話し合う。

○実験後、結果についてまとめる。

○学習の振り返りをする。

授業動画 Download
授業動画
授業動画
授業動画

○家庭学習の理解度チェックに小テストとアンケートが活用されています。

○授業が効率化し、学び合いの時間が多くとられています。

○実験中にタブレットのカメラ機能を利用し、実験結果を記録しています。

○ふり返りに小テストとアンケートが活用されています。
回答結果がすぐにわかり個別指導に役立てられています。

指導者
単元名
本時の展開(学習活動)
授業動画
ポイント

吉田 隆明 先生

武雄市立
御船が丘小学校

授業の資料や写真

水よう液の性質
9/10
「塩酸と水酸化ナトリウム水溶液を混ぜると、お互いに性質がなくなるのか」

○塩酸と水酸化ナトリウム水溶液を混ぜると、お互いの性質はなくなるのかどうか話し合う。(全体協働学習)

○学習問題を立てる。

○実験の方法を確認する。

○実験を行う。グループに一台用意しているタブレットを用いて実験の様子を撮影しておく。

○結果をグループで交流し、混ぜた水溶液の様子について、自分の考えを書く。(グループ協働学習)

○実験結果から、塩酸と水酸化ナトリウム水溶液を、混ぜるとお互いの性質がなくなるのか説明する。(全体協働学習)

○本時の学習でわかったこと、なっとくしたことを書く。

授業動画
授業動画
授業動画
授業動画

○先生は児童に実験結果を撮影し、協働版に書き込むよう指示をしています。

○児童は言えることの根拠となる事象を説明しやすくするために、タブレットで実験の様子を撮影して協働版へ書き込んでいます。

○協働版を利用して児童が書き込んだ実験結果の写真を電子黒板に表示させて、発表をさせています。

○発表された結果をもとに授業の振り返りをしています。

指導者
単元名
本時の展開(学習活動)
授業動画
ポイント

小旗 浩徳 先生

武雄市立
武内小学校

体のつくりとはたらき
4/8
「食べ物は口の中でどのように変化するのだろうか」

○食べ物は体のどこにはこばれるのかを確認する。(家庭学習の確認)

○食べ物の体の中での変化について考えを交流する。(友だちタイム「班」)

○学習課題をつかむ。

○実験方法を知り、実験を行う。

○実験結果から考察を行う。(友だちタイム「全体」)

○学習課題に対するまとめを行う。

○スマイル学習アンケートを行う。

授業動画 Download
授業動画
授業動画
授業動画

○家庭学習の理解度チェックに小テストとアンケートが活用されています。先生は回答結果を元に内容の確認を行っています。

○事前に家庭学習で予習をしている為、すぐに実験を始められています。

○授業が効率化し、学び合いの時間が多くとられています。

○ふり返りに小テストとアンケートが活用されています。
回答結果がすぐにわかり個別指導に役立てられています。

指導者
単元名
本時の展開(学習活動)
授業動画
ポイント

大宅 恒文 先生

武雄市立
朝日小学校

植物の成長と日光や水とのかかわり
2/3
「葉に日光があたると、葉にでんぷんができるかどうか調べる」

○めあての確認をする。

○でんぷんができている葉を予想し、話し合う。(全体での学び合い)

○実験を行う。

○実験結果を発表させる。

○実験結果から考察を行い、話し合う。(全体での学び合い)

○学習課題に対するまとめを行う。

○スマイル学習アンケートを行う。次時の学習を知る。

授業動画 Download
授業動画
授業動画
授業動画

○家庭学習の理解度チェックに小テストとアンケートが活用されています。先生は回答結果を元に授業の目当てを解説しています。

○事前に家庭学習で予習をしている為、すぐに実験を始められています。

○授業が効率化し、学び合いの時間が多くとられています。

○ふり返りに小テストとアンケートが活用されています。
回答結果がすぐにわかり個別指導に役立てられています。

指導者
単元名
本時の展開(学習活動)
授業動画
ポイント

北村 里恵 先生

武雄市立
御船が丘小学校

買い物のしかたを考えよう
みんなで食べるお菓子の選び方を考えよう

○いくつかのお菓子の中から自分が購入したい物を選び、理由を発表する。

○今日の課題を確認する。

○課題に対する自分の考えをもつ

○グループ協働学習

○全体協働学習

○購入するときに考えておくとよいことを自分の言葉で書く。

○今日の学習をふり返り、次時の学習への意欲を持たせる。

授業動画
授業動画
授業動画
授業動画

○課題の場面をイメージしやすくするために、家族のイラストや選らぶお菓子を電子黒板で提示する。
また、選ぶヒントとなる家族の情報も合わせて提示。

○個人でどのお菓子がよいかを選ばせ協働学習支援ツールで送らせ、選んだか理由をワークシートに書かせる。

○発表する児童の考えを協働学習支援ツールで送らせる。

○値段・量・品質・賞味期限(消費期限)・好みなどの観点だけでなく、目的に合わせて品物を選ぶことの大切さもおさえる。

○目的に合わせることを理由に取り入れている児童の考えを取り上げるようにする。

○授業支援システムのアンケート機能を利用し学習をふり返らせる。

指導者
単元名
本時の展開(学習活動)
授業動画
ポイント

渕上 夏妃 先生
松尾 園子 先生

武雄市立
山内東小学校

どっちがすき?
「おうちの人のすきなものをわけをつけてしょうかいしよう」

○動画を見て、保護者と話し合いをしながらアンケートに回答する。(家庭学習)

○家族の好きなものをペアで紹介する。

○家族の好きなものを全体の場で紹介する。

○アンケートの集計結果を知る。

○学習のふり返りをする。

授業動画
授業動画
授業動画
授業動画

○家庭でのアンケートが授業の教材として活用されています。

○家庭学習で事前に考えをまとめられている為、すぐに小集団学びを始められています。

○授業が効率化し、学び合いの時間が多くとられています。

○ふり返りにアンケートが活用されています。
回答結果をすぐに電子黒板に表示しています。

指導者
単元名
本時の展開(学習活動)
授業動画
ポイント

樋口 祥太 先生

武雄市立
西川登小学校

インタビュー

授業の資料や写真

誠実な心
1-(4)
誠実・明朗
「手品師」
(出典:文溪堂)

○手品師について知る

○資料「手品師」を読み、主人公の気持ちや考えを話し合う
・男の子と約束したとき
・友人から大劇場の誘いを受けたとき
・友人の誘いをきっぱり断ったとき

○ふりかえりをする

授業動画
授業動画 ワークシート
授業動画
授業動画

○有名な手品師の動画を見せ、イメージを持たせるとともに、有名じゃない手品師もいることを話し、資料への導入とする。

○二つの立場を選んでその判断理由に焦点を当て、手品師の心の葛藤について考える。(ワークシート)

○ワークシートに書いた自分の考えをタブレットの協働版を使って、一斉に提示し、友だちの立場や考えを知るようにする。

○アンケート機能を使い、自分の立場を再度はっきりさせるとともに、本時の感想を記入させる。